通信内容がみられることも

LANケーブル無線LANは有線と違い情報が電波によって伝えられる方式です。
有線ではケーブル内を情報が通り通信しますが、無線の場合、電波に乗って情報が通信されます。
そのためどうしてもセキュリティ面というと、有線よりも弱くなる傾向があります。

例えば、通信内容がみられるという事件も起こっています。
利用者が気が付かない間に電波が届く範囲内から通信内容を抜き取られていたのです。
無線LANは状況がいい場所では、自宅の外まで電波が届きます。通常、セキュリティキーを入力するので、その電波を利用することはできないはずなのですが、やる気になればデフォルト状態のセキュリティキーを読み取ることなど簡単です。そのためセキュリティキーは、必ずデフォルト状態ではなく変更して利用するようにしましょう

住所や名前くらいならまだしも、クレジットカード情報やパスワードなどが抜き取られてしまっては大変です。そうならないようにセキュリティーに関して、自分で対策をとるなど、保護するということをよく考えてください。

個人情報の漏えいによって犯罪につながったということもあるので、うちはそんなに狙われるような家じゃないなんて思っていると、何かの犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。