無線LAN通信はSSLでのやり取りが必須

セキュリティ対策無線LANはセキュリティに弱いという面があることは事実なので、利用する側が適切な情報セキュリティに関する対策を練る必要があります。
スマホなどは利用者が無意識のうちにしようと思っていないWi-Fi接続になっていたということもあります。
スマホ利用者は自分がいまどのような設定で、Wi-Fiや携帯会社通信網を利用しているのかをよく把握しておく必要があるのです。

セキュリティ対策として重要なことですが、無線LAN通信を行う場合、大切な情報についてはSSLで通信するようにしてください。
SSLというのは、ウエブサイトやサーバなどインターネット上でデータ通信を行う場合、データを暗号化して送受信するという方法です。Secure Socket Layerの略でSSLです。

通常、ネットサイトではクレジットカード情報やID、パスワードなどについて信頼できる通信となるSSLを利用していますが、こうした通信になっていない場合、送受信しない方が安心です。

無料Wi-FiスポットでのWi-Fi利用は、WEBページの閲覧程度にとどめておくべきです。ID・パスワードを使ってログインするネット利用は、パスワードを盗まれる可能性があります。ネット通販などはもってのほかで、重要な個人情報を含むやりとりは避けるべきです。

 
その他に、大切な情報を盗み見されたり情報を抜きとられたり、また勝手にスマホ内に侵入され画像などを抜き取られるという事件も発生しています。

自分で自分の身を守るということがとても大切なのです。プライバシーをしっかり守るため、SSLでの通信を理解し、大切な情報ほどSSL送受信じゃないと利用しない方がいいということを理解しておきましょう。