共有ファイル機能はオフにして

公衆無線LANによるインターネット公共の場で無線LANを利用する機会も多くなっています。
公衆無線LANやWi-Fiスポットなど、今は本当に便利にWi-Fi、無線LANによる通信ができるようになっています。
確かに便利になったのですが使い方次第では、パソコンやスマホ、タブレット内の情報を抜き取られてしまう可能性もあるので、公共の場で無線LANの利用が必要な場合、ファイル共有機能の解除を行ってから利用するようにしましょう。

ファイル共有機能というのはネットワーク経由でほかのユーザの持っているデータを利用できたり、共有して利用できるという機能です。
公共の場での無線LANはフリーWi-Fiスポットなどによる利用となるので、第三者が侵入してくる可能性もあります。情報が抜き取られる可能性もありますし、またウイルスを送り込んでくる悪い人もいます。

無線LANを利用するときには有線とは違いセキュリティ面が弱いのだということをよく理解しておくことが重要なのです。ファイル共有機能を利用していたことで自分の持っている情報を利用されたり、写真などが抜き取られてしまったという被害なども報告されています
自分だけは絶対に大丈夫ということはありません。誰もがトラブルに巻き込まれることがあると理解し、ご家族などにも徹底しておきましょう。